IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ベリタステクノロジーズ合同会社

製品資料

ベリタステクノロジーズ合同会社

マルチクラウド時代のデータ管理、保護/可用性/可視化を実現する新手法とは?

データ管理課題への取り組みが急務だ。年間200万ドルが費やされ、95%の企業がコスト増加や効率性低下などの影響を受けている。この状況を打破するのは、エッジ/オンプレミス/クラウドをカバーする新たなデータ管理アプローチだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/08/23 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 3.57MB

要約

 オープンシステムから仮想化環境へとインフラが進化しても、ITシステムの信頼性確保の考え方が変わることはなかった。だが、マルチクラウド時代となった今、そこに誤解が生まれている。クラウドの責任共有モデルのもとでは、企業はデータの保護や管理のアプローチを変えなければならない。そしてそこでの新たな課題は、企業に多くの負担と非効率をもたらしている。

 ある調査では、企業は新たな課題対応のために年間200万ドルを費やし、データを見つけるために1日2時間の余分な時間を費やしているという。一方、データのフットプリント複雑化のため、情報を使いこなせていないという回答が半数以上あったという。この状況を打破するため、エッジからオンプレミス、クラウドまで、データの場所を問わず保護/復元が可能な、新たな管理アプローチが求められている。

 本資料では、データの「保護」「可用性」「インサイト」という3つの要件を満たす、次世代のデータ管理手法を紹介する。デジタルデータのコンプライアンス、アプリケーションワークロードの可用性確保、クラウド上のデータの可視化などをどう実現するのか、詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。