IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ネットワンシステムズ株式会社

製品資料

ネットワンシステムズ株式会社

ネットワーク運用の負担を劇的に削減、冗長構成を手軽に実現するSD-WAN活用法

WANに比べて運用性やコストに優れるSD-WANは、各拠点の冗長構成を取る場合にも効果を発揮する。複雑な設定や事前検証を必要とせず、ユーザーの運用負担を減らしながらHA構成を実現できるSD-WANの活用法を詳しく紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2019/07/31 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 351KB
要約
ネットワーク運用の負担を劇的に削減、冗長構成を手軽に実現するSD-WAN活用法
 SD-WANは従来のネットワークで解消しきれなかった帯域幅の高コスト化、インフラの複雑化などの解決策となった。その利点は、クラウド化が促しているエッジ機器の高度化・複雑化といった課題解消にもつながる。その注目すべき利点の1つが、事業拠点などの小規模/中規模の拠点で利用される冗長構成だ。

 従来のネットワーク機器で冗長構成を取る場合、同じ設定を持つ筐体が存在することになるため、ネットワーク機器のアドレス重複やループ対策として、VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)用のアドレス、Active-Standby運用のためのルーティング設計などに配慮が必要だった。だが、SD-WAN製品なら、同期用のインタフェース以外を待機させることで、これらの手間を解消できる。

 このインタフェースはそれぞれのUp/Down数、有効なVPNの数などを常時監視しており、異常発生時にActiveとStandbyの役割を入れ替えられる他、WAN回線の種別を問わないという利点もある。このようにユーザーの運用負担を減らしながら冗長構成を実現するSD-WANの機能について、本資料で詳しく解説する。