IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

株式会社grasys

製品資料

株式会社grasys

GCPのKubernetesマネージドサービスで実現、WebSocketサーバを外部公開する方法

コンテナオーケストレーションシステムとして人気の高い「Kubernetes」。Google Cloud Platform(GCP)が提供するそのマネージドサービス「Google Kubernetes Engine」(GKE)を利用して、WebSocketサーバを外部公開する方法を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/12 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 782KB

要約

 オープンソースのコンテナオーケストレーションシステムとして人気の高い「Kubernetes」。そのメリットは、マイクロサービス化が容易であることや、保守・運用の工数やコストを削減できることなどにあり、近年では、多くのクラウドプロバイダーによってサービスが提供されている。

 Google Cloud Platform(GCP)では、そのマネージドサービスとして「Google Kubernetes Engine」(GKE)が提供されており、Webアプリケーションの開発や運用などでの活用が進んでいる。このような場面において、クライアント―サーバ間の双方向通信を行う上で知っておきたいのが、GKE上のWebSocketサーバを外部公開するための方法だ。

 本資料では、「NodePortを利用して外部公開する場合」と「ロードバランサーを利用して外部公開する場合」の2つのパターンについて、その構成例とともに分かりやすく解説する。WebSocketを利用した常時接続サーバシステムを検討する際などに、ぜひ参考としてもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。