IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Webキャスト

フォーティネットジャパン株式会社

Webキャスト

フォーティネットジャパン株式会社

2019年第1四半期サイバー攻撃最新動向:“標的型”へ変貌する脅威をどう防ぐ?

ランサムウェアやマルウェア、エクスプロイト、botネットなど、サイバーセキュリティ上の脅威は、2019年に入っても依然として勢いを増している。それらの最新動向から、企業が今取るべき対策を考える。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/09 フォーマット URL 種類 Webキャスト
ページ数・視聴時間 49分9秒 ファイルサイズ -

要約

 2019年第1四半期版のサイバーセキュリティに関するデータによると、ランサムウェアの検知数自体は減少しているものの、単純な拡散活動から“標的型”にその手法は変化しており、依然として強力な脅威となっている。また、エクスプロイトやbotネットも大きな変化はないものの微増を続けており、企業にはさらなる備えが求められる。

 一方、Coinhiveに代表されるマイニングツールを悪用するクリプトジャッキングに関しては、2018年の仮想通貨暴落を受けて収束したように見えたが、最近では価格が回復傾向にあることから、再び注意が必要となっている。これらの脅威に共通しているのが、いずれも巧妙化しており、攻撃者は脆弱性と侵入経路を執拗に監視している点だ。また、その方法は自動化されているため、企業には小さな油断も許されない状況が続いている。

 そこで重要性を増しているのが、ネットワークトラフィックの許可/拒否を行うポリシーマネジメントだ。本コンテンツでは、外部から内部はもちろん、“内部から内部”のポリシーマネジメントを徹底する「セキュリティファブリック型アプローチ」を実践するヒントについて、動画で分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。