IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社データドック

製品資料

株式会社データドック

DR実現手段の選定基準、スピードとコストのトレードオフをどう見極める?

DR(ディザスタリカバリー)の実現手段は、データバックアップの方法やシステムの準備方法によって分類される。その多様な選択肢の中から、スピードとコストのトレードオフを見極め、自社に合った手法を判断するためのポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/03 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 609KB

要約

 災害やテロによるシステムダウンからの迅速な復旧を目指すDR(ディザスタリカバリー)対策。その手法は、データバックアップの方法が定期的かリアルタイムか、あるいはメインシステムダウン時にサブシステムに自動的に切り替わるかどうかなどによって複数に分類されるが、どの実現手段を選べばよいかという悩みを持つ企業は少なくない。

 その基準となるのが、復旧までにかけられる目標復旧時間(RTO)を基にした“スピード”と、復旧手段を準備し維持するための“コスト”の2つだ。もちろん理想は短いRTOと低いコストだが、両者はトレードオフの関係にあるため、その最適なバランスを判断するのは容易ではない。

 それでは、そのスピードとコストのバランスを決める要素とは何なのだろうか。実現手段次第でスピード/コストともに100倍単位の差が出てくることも多いDR対策において、間違った選択をしないために、本資料を有効に活用してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。