IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

製品資料

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

「DevOps」から「DevSecOps」へ、変革のカギとなるセキュリティ機能を解説

クラウドとDevOpsを取り入れてスピードと柔軟性が得られた企業の多くに残るのが、セキュリティの課題だ。そのために開発のカルチャーを転換し、ライフサイクルにセキュリティを取り込んだ「DevSecOps」のアプローチを実現したい。

コンテンツ情報

公開日 2019/06/27 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 1.34MB

要約

 企業がクラウドサービスを採用する理由の1つは、アジャイルかつスケーラブルにビジネスを展開できることにある。クラウドはスピードや俊敏性を得られるDevOpsとの親和性も高い。ただ、懸念が残るのがセキュリティだ。従来的なセキュリティでは動的なクラウドに対応できず、かといって複数のセキュリティを組み合わせることは効率面と安全面の双方で望ましくない。

 加えて、Amazon Web Services(AWS)をはじめクラウドサービスは、プロバイダーと利用企業の責任共有モデルを採用しており、プロバイダーにセキュリティ対策の全てを任せることはできず、自社での対策も求められる。そのためには、ソフトウェア開発ライフサイクルに関わる全てのステークホルダーがセキュリティを担う「DevSecOps」のカルチャーへの転換が重要になる。

 そこでセキュリティツールに求められる機能も変わってくる。クラウドへの変更に対応した自動プロビジョニングやポリシーの自動更新、全てのクラウド環境の可視化やポリシー管理を実現する統合管理、幅広いクラウドインフラのサポートなどの機能が必要になる。本資料では、DevSecOpsのポイントと、その実現を支えるセキュリティツールの必須機能を解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。