IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

アクロニス・ジャパン株式会社

事例

アクロニス・ジャパン株式会社

RTOの“2分の1”、2時間でランサムウェア被害から仮想マシン復旧した方法とは

物理サーバから仮想環境への移行後、バックアップシステムのセキュリティ品質やコストが課題となった、カナダの自動車販売代理店Ready Honda。複数拠点を抱える同社が、バックアップ/復元の一元管理とRTO短縮を実現した方法とは?

コンテンツ情報

公開日 2019/06/28 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 703KB

要約

 カナダの自動車販売代理店であるReady Honda。同社では、カスタマーサービスやセールスの柔軟性を高めるため、物理サーバを仮想環境に移行した。しかし、仮想マシンのセキュリティ品質が低く、データ損失や、手動データリカバリーに起因するダウンタイムリスクに常時さらされていた。

 また、バックアップ用データはクラウドに保存していたが、インフラ拡大でデータが増加するにつれ、既存バックアップ製品のコストが課題となっていた。そこで同社は、自社ビル内にリモートロケーションとしてプライベートストレージサーバを構築。さらに、これを機能させるため、複数拠点にまたがるバックアップ/復元の一元管理とセキュリティの強化、復元の迅速化が可能なバックアップソフトへの刷新を決意した。

 この新たなシステムの効果は目覚ましく、実際にランサムウェア攻撃の被害に遭った際、インフラ復旧は2時間未満で完了。また、柔軟なライセンス体系などにより、費用対効果の面でも大きなメリットが得られたという。本コンテンツで、こうした導入効果を詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。