IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本オラクル株式会社

事例

日本オラクル株式会社

スマートフォンユーザー急増に対応、ソフトバンクモバイルが選んだ「Oracle Exadata」

スマートフォンユーザーなど加入者の急増でデータウェアハウスの刷新を迫られたソフトバンクモバイルが選んだのは「Oracle Exadata」だった。「決め手はパフォーマンスの高さ」と担当者が話す、注目の導入事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2011/04/21 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.18MB
要約
iPhoneなどスマートフォンのヒットを受けて月間約20万人のペースで加入者を増やしているソフトバンクモバイル。加入者の急増に既存のデータウェアハウス(DWH)が追い付かなくなり、パフォーマンスに問題が出ていた。そこで5つの製品を比較して、同社が選択したのが「Oracle Exadata」だった。ソフトバンクモバイルの担当者は「決め手はパフォーマンスの高さ」と明言する。

 Oracle Exadataを使うことで従来のDWHと比較して処理性能が最大8倍に向上。これまで25時間かかっていたデータ解析が7時間で終わるようになり、経営判断の迅速化にも大きく寄与しているという。2300万人のユーザー情報を蓄積し、1日8億の通話明細記録(CDR)、40億のログを処理するOracle Exadataの導入事例を紹介する。