ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Talend株式会社

製品資料

Talend株式会社

コスト削減以外の効果とは? データウェアハウスをクラウド上で構築すべき理由

データウェアハウス(DWH)のクラウド移行では、従来のベストプラクティスは通用しない。そのメリットを最大化するためには、クラウドDWHとオンプレミスDWHの根本的な違いを知り、両者をつなぐ合理化されたプロセスを構築する必要がある。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 2.15MB

要約

 これまでデータウェアハウス(DWH)の導入と活用では、コストと複雑性の問題に加えて、価値創出までに長い時間を要することが課題となってきた。これらの課題を解消するものとして登場したクラウドDWHは、オンプレミスDWHよりもはるかに安価であり、その管理と監視に要する時間も大幅に短縮される。

 しかし、従来型DWHをクラウドへ移行する際には注意すべき点もある。それは、「オンプレミスDWHの設計と構築で培ったベストプラクティスは通用しない」ということだ。そのメリットを最大限に得るためには、クラウドDWHとオンプレミスDWHの技術が根本的に異なることを理解し、両者をつなぐ合理化されたプロセスを構築する必要がある。

 本資料では、クラウドDWHの導入・移行に際して見落とされがちな、コスト削減以外のメリットやクラウド移行における課題などを、オンプレミスDWHやクラウドDBとの技術的な違いを踏まえつつ解説する。これからのDWHはクラウド上で構築する必要があるといわれる理由をぜひ確認してもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。