ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

シネックスジャパン株式会社

事例

シネックスジャパン株式会社

Windows Server 2008のEoSを機に考える、サーバ構成“全面刷新”のコツ

Windows Server 2008/R2のサポート終了に伴い、多くの企業が移行作業に追われる昨今だが、単純リプレースよりもITインフラの全面刷新が最適な場合もある。企業の課題別に、サーバ移行や統合、仮想化など、最適な方法を提案する。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/17 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 2.59MB

要約

 Windows Server 2008/R2のサポートが2020年の1月に終了するが、調査によると、2018年1月時点で約63万台が稼働中であり、そのうち45%は移行計画さえも未定だという。しかし、サポート終了製品の継続使用は、老朽化による故障率の上昇、更新プログラム終了によるセキュリティ問題、障害時対応の困難化など、さまざまなリスクを抱える原因になってしまう。

 これを回避するには、単純なサーバリプレースではなく、自社課題を見つめ直し、それにあわせてITインフラを全面刷新することが有効だ。例えばディスクの故障対策には予測分析機能を備えた高パフォーマンスストレージの採用、物理サーバが乱立する環境には仮想化統合、コストとセキュリティを考えるならファイルサーバ単体の移行、といったように、方法は幾つも考えられる。

 またサポート終了までのリプレースが難しい場合や、オンプレミス以外のDR環境を構築したい場合には、ファイル/ディレクトリ単位からサーバレプリケーションにまで対応しているMicrosoft Azureへのバックアップも有効な手段だ。本資料を参考に、最適なアプローチを選択してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。