IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

シネックスジャパン株式会社

事例

シネックスジャパン株式会社

故障や容量不足を事前予測、ストレージのトラブルを防ぐAI+ビッグデータ活用術

データ喪失や容量不足といったストレージのトラブルは、従業員のモチベーションや顧客の信用を低下させる危険性がある。こうした悩みを解決するのが、AIとビッグデータを活用した「障害予知機能」で、トラブルを未然に防ぐストレージだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/17 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 2.44MB

要約

 データの喪失や容量不足といったストレージのトラブルは、業務の停止を招き、従業員のモチベーションや顧客の信用を低下させてしまう危険性がある。とはいえ、バックアップにコストをかけられないという企業も少なくない。そこで注目されているのが、99.9999%の可用性を実現し、トラブルを“未然に回避”するストレージだ。

 可用性の高さの秘密は、「AI」と「ビッグデータ」の活用にある。クラウドベースで情報を集めながら機械学習を行う管理ツールを備え、システム状態や容量情報といったハートビート情報を5分間隔で収集。その情報を基に、データ分析エンジンがシステム障害につながる状態を検出すると、サポートから対策に関するアドバイスが送信されるため、ユーザーは問題の芽が小さいうちに対処できる。

 また、ストレージ構成は、高速なオールフラッシュと、コストパフォーマンスに優れたSSD+HDDのハイブリッドモデルから選択でき、最大79%ものTCO削減が可能。検証機の無料貸し出しやハンズオントレーニングも実施しており、導入に不安がある企業も安心だ。本資料で、このストレージの実力を詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。