IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

製品資料

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

Windows Server 2008を容易に「延命」、OSやアプリの再構築が不要な方法とは?

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了が間近に迫っているが、短期間でのOS移行にはさまざまなリスクがある。そこで注目したいのが、EOSを迎えるOS環境を“そのまま”クラウド移行する「延命策」だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/15 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 1.56MB

要約

 2020年1月、いよいよWindows Server 2008/2008 R2がサポート終了(EOS)を迎える。EOS後もセキュリティ更新プログラムは最大で3年間延長可能だが、障害発生時のサポートやハードウェア劣化による故障対策については対象外のため、それだけでは不十分だ。

 しかし、OSを移行するとしても、計画から本番運用まで通常1~2年のスパンを要する。そのサーバリプレースを短期間で行うことは、アプリケーション改修やミドルウェアのバージョン更新を考えるとリスクが大きい。そのため、今から始めるのであれば、新OSへ移行するまでの「延命策」を採るのが現実的といえる。

 そうしたニーズに応えるのが、EOSを迎えるWindows Server 2008を“そのまま”クラウド移行する方法だ。これにより、OSやアプリケーションの再構築が不要となり、移行にかかる時間を大幅に短縮できる。加えて、挙動監視機能や機械学習により、脆弱性対策も強化できる。本コンテンツで、その方法を詳しく確認していこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。