IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社日立システムズ

製品資料

株式会社日立システムズ

迫るWindows 7/Windows Server 2008のサポート期限、移行方法の確認は十分か?

2020年1月に延長サポート終了を迎える、Windows 7とWindows Server 2008。いまだ利用率が高いこれらのOS利用を見直して新環境に移行すること、最適な移行方法や新しい運用方法を確立しておくことは、企業にとって喫緊の課題となっている。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/24 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 4.93MB

要約

 Windows 7とWindows Server 2008は、いまだ多くの企業で利用されているが、その延長サポート期限が2020年1月に迫っている。延長サポート期限切れ(EOS)のOSを使い続けることは、ビジネス上の重大なリスクとなりかねないため、企業にとって新OSや新環境への移行は喫緊の課題となっている。

 しかし、OSの移行は思っているほど単純ではない。現在ではクラウドの利用環境も整っているため、旧OSを延命させるのか、クラウド上に新規インフラを構築するのか、あるいはOSをバージョンアップするかといったように、その選択肢も多彩になっている。重要なことは、自社の状況に合わせ、最適な移行方法を見極め、それを実践することだ。

 本コンテンツでは、事前の移行アセスメントと多彩な移行メニューを用意し、EOS対策を包括的にサポートするサービスを紹介している。セキュリティパッチによる延命、マルチクラウドインテグレーションとマイグレーションなどのケースも図解付きで掲載されているので、環境の移行や運用方法の刷新に向けた検討材料として大いに役立ててほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。