IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

JBCC株式会社

製品資料

JBCC株式会社

システム開発の内製化で「2025年の崖」を克服する3つのポイント

DX時代のいま、最新技術や業務の変化への柔軟な対応が求められている。システム開発を外部のベンダーに頼っていては、時間とコストばかりかかってしまう。開発の内製化と、それを強力に推進するツールの採用が有効な手段だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/08 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 271KB

要約

 既存システムの維持・管理を外部の開発ベンダーに委託しているケースは多い。だがこの場合、開発ベンダーの経験やスキルが品質に影響したり、繁忙期に開発ベンダーのリソース不足で開発そのものを委託できないといったリスクもある。また、取引先の事情で既存システムに手を加えなければならないといった突発的な事情にも、外部の開発では柔軟な対応は見込めない。

 今後のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを加速させていくには、必要に応じてシステム開発を内製化していくことが重要だ。システムに関わる維持管理のコストを削減することで、「攻めのシステム」への効果的な投資を行うことが可能となる。

システム開発の内製化を実現するには、まず「人材育成」が大きな課題となるだろう。本ホワイトペーパーでは、「人材育成」「高速開発ツール」「実績のある開発手法」という3つのポイントから内製化へのアプローチの重要性を指摘するとともに、具体的な成功事例を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。