ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

製品資料

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

VMware環境のクラウド移行につまずかない、手順別の確認事項チェックリスト

VMware製品による仮想化サーバをそのままクラウド化するなら、VMwareベースのパブリッククラウドが最適だ。アプリケーションの改修や再構築の手間を省き、ニーズ通りの移行を実現できる。ただ、この条件でも押さえるべきポイントはある。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 638KB

要約

 仮想化サーバのクラウド化に当たり、最も強いニーズは現環境をそのままクラウド化して利用し続けることだという。そうした要望に応える組み合わせとして、VMwareベースのパブリッククラウドサービスがある。VMware製品により仮想化したサーバなら、アプリケーションの改修費用や人的負荷なく移行することが可能だからだ。

 ただ、この組み合わせであっても、移行を成功させるには、移行作業の見積もりを実行した上で、インポート前に適合作業が必要になる。例えば、インポート可能サーバの仕様・条件は、見落としやすい項目だ。サーバイメージにVMware Toolsをインストールする、VMイメージの暗号化の解除、一部の設定がサービス側に合わせた内容に自動変更されるなどの制限事項に気付かず、実作業でトラブルが起こることは少なくない。

 本資料では、VMwareベースのサービスの中でもアジアで豊富な導入実績を持つ国内大手サービスを例に、クラウド移行のポイントを解説している。移行作業の見積もり、VM環境のエクスポート、インポートなど手順別のチェックポイントを把握し、効率的なクラウド移行を実現してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。