IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ギットハブ・ジャパン合同会社

製品資料

ギットハブ・ジャパン合同会社

ソフトウェア開発におけるデータ保護、「規制」と「技術」の課題を克服するには

機密データを保護するには、単体のソリューションに頼らない「階層化アプローチ」を採用し、セキュリティを中心に据える企業文化を築くことが有効だ。しかし一方で、厳格な規制や法令順守要件が開発の妨げとなるケースもある。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 1.46MB

要約

 ビジネスに生き残るために何より重要なのが、機密データの保護だ。顧客情報を含むそれらのデータが侵害されれば、法令違反による制裁や信頼の失墜など、長期的かつ深刻な影響をもたらす可能性がある。

 こうした事態を回避するには、単体のソリューションや手法に頼らない「階層化アプローチ」を採用し、セキュリティを中心に据えた企業文化を築くことが有効だ。具体的には、データの常時暗号化、強力な認証管理プラクティスの導入、ソースコード保護の強制に始まり、レガシーシステムを含む開発プロセス全体の保護といったことが考えられるだろう。

 一方で、厳格な規制や法令順守要件が開発の妨げとなるケースもあるため、ツールの選択には慎重でありたい。本資料ではこのように、企業がソフトウェア開発において直面する規制/技術両面の課題と、その対処法について解説する。セキュリティを単なる脅威の防御ではなく顧客を満足させる手段の1つとして捉え、ビジネスを差別化するためのヒントを探っていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。