ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ギットハブ・ジャパン合同会社

製品資料

ギットハブ・ジャパン合同会社

OSSで開発サイクルとコストはどれだけ変わる? 自動車業界のモダン開発手法

大転換期を迎えた自動車業界では、ソフトウェア開発の必要性が増大し、パートナーとの連携がより重視されるようになってきた。そうした変化に対応する新たな製品開発プロセスとして注目されているのが、OSSを活用したモダン開発だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 371KB

要約

 100年に1度といわれる大転換期を迎えている自動車業界。競争の源泉はデータ収集や分析へとシフトし、自社におけるソフトウェア開発の必要性も増大、さらに新興の参入者も続々と登場するなど、さまざまな変革が行われている。

 そんな中、既存の自動車メーカーが、接続性/自動運転/共有/電動化を示すキーワード「CASE」に代表されるトレンドを実装するには、新たなパートナーと連携し、開発コストの削減やリソースの最適化に取り組む必要がある。そこで注目したいのが、OSS(オープンソースソフトウェア)を活用した開発手法だ。

 製品のコモディティ部分にOSSで提供されているプラットフォームを使用し、差別化ポイントとなる部分にリソースを集中することで、開発サイクルの短縮やコスト削減を実現できる。本資料では、このOSS開発によりカーナビの開発期間を2年半短縮し、60%のコストを削減したBOSCHの事例を交えながら、自動車業界における開発手法の最前線に迫る。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。