ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ビットフォレスト

製品資料

株式会社ビットフォレスト

目的・予算で使い分ける「Web脆弱性診断」 自分で実施できる手軽なツールも

Webアプリケーションの脆弱性診断には、外部専門家による手動診断から、自社で完結する手軽なツールまで、豊富な選択肢がある。目的や予算によって各手法をどう選択し、組み合わせ、使い分けるか? それぞれの特徴と事例からひもとく。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/05 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 475KB

要約

 WebサイトやWebサービスを狙ったサイバー攻撃の勢いは一向に衰えていないが、Webアプリケーションの脆弱性診断を定期的に実施していると断言できる組織は多くはない。

 脆弱性診断は一般的に、高いコストと長い検査期間、セキュリティ専門家の知見が必要で、組織やプロジェクトによっては非常にハードルが高いと考えられてきた。しかしなかには、アプリケーション開発者自身が毎日の開発工程の中で検査したり、セキュリティ知識を持たない担当者が検収時に利用できる、手軽な脆弱性検査ツールもあることを知っているだろうか? こうしたツールであれば、1回の平均検査時間は10数分で済み、小規模プロジェクトやアジャイル開発環境にも最適だ。

 脆弱性診断はいまや、やるかやらないかではなく、予算や目的に応じてどう使い分けるかを検討する時代となった。本資料では「手動診断」と「自動診断」の違いと各メリット、また「リリース前診断用ツール」と「リリース後診断用ツール」の役割など、脆弱性診断の豊富な選択肢について言及している。読了すれば、組織やプロジェクトの状況にふさわしい診断方法がきっと見つかるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。