IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

A10ネットワークス株式会社

製品資料

A10ネットワークス株式会社

Windows 10移行で高まる回線負荷、効率的な回線振り分けや帯域制限機能が必要に

Windows 10やMicrosoft 365への移行に際して懸念されるのが、大容量かつ頻繁な更新によるネットワーク負荷だ。従業員が一斉に更新プログラムをダウンロードすれば、通常の業務に支障が出かねない。コストにも配慮した解決策はないものか。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 1.85MB

要約

 Windows 10への移行では、OSとともにクラウド版Officeやモバイルも含めたセキュリティを提供する統合クラウドサービス「Microsoft 365」を採用する企業が増えている。働き方改革に欠かせない、場所やデバイスを選ばないIT環境を実現するなどメリットは大きいが、一方で課題として挙げられるのがネットワーク負荷だ。

 半年に1回配信されるOSの機能更新プログラムは最大2GB、さらにOffice 365の更新もある。休日明けに出社した社員が一斉にPCを立ち上げれば、ネットワークに莫大(ばくだい)な負荷がかかってしまう。そこで主回線への影響を軽減するために有効なのが、クラウドプロキシだ。回線の振り分けやアップデートに利用する帯域の制限、接続可能な時間帯の制限などが可能となり、業務と更新の両立を容易にする。

 こうしたトラフィック制御機能は、Microsoft 365以外のクラウドサービスにも有効な他、SkypeやTeamsなどのチャット・ビデオ会議ツールの品質確保にも効果を発揮する。本資料は、中でも災害対策やアカウントの利用制限など幅広い用途に有効で、コストパフォーマンスに優れたクラウドプロキシを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。