IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Netskope Japan株式会社

製品資料

Netskope Japan株式会社

自由な働き方とクラウドパワー最大化を両立、クラウドセキュリティ「CASB」とは

クラウドの普及や働き方の変化によって、従来の境界型セキュリティは重荷になりつつある。代わりに必要となるのが、シャドーITを可視化し、社内で利用される、あらゆるクラウドサービスを可視化・制御できるセキュリティだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/29 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.35MB

要約

 クラウドの普及に伴い境界型セキュリティから大きく変化した。中でも注目されているセキュリティにCASB(Cloud Access Security Broker)がある。ログを基にシャドーITを可視化し、クラウドの評価を自動的に行う。更にクラウド上に保存されたファイルもスキャンし、悪意あるファイルが見つかれば隔離等の対応を行う。

 ただ、従来のCASBで把握・制御できるのは一部のクラウドに限定される。そこであらゆるクラウドを制御するSSL/TLS対応のインスペクション機能を搭載したCASBが登場した。全てのクラウドに対応しユーザーの場所やデバイス、サービスなどを可視化し許可/ブロックすることが可能。

 企業競争力強化の為にクラウドを利用する時代に従来のCASBでは不足、とNetskopeは提唱する。高額な投資で導入したクラウドをセキュリティ懸念が理由で利用制限してしまっては投資対効果とユーザビリティが低下してしまう。Netskopeは場所、ユーザー権限、端末種別、ファイルの機密性によって詳細なコントロールを行うことが可能。クラウドのセキュリティを担保し、ユーザビリティを高めることができる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。