ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

成長阻む会計パッケージの「限界」、今すぐクラウドERPへ移行すべき4つの理由

プロセス分断による二度手間、ミスやエラーの多発といった問題から、会計パッケージに「限界」を感じる企業が増えている。その移行先として注目される「クラウドERP」が企業にもたらすメリットを、4つのポイントから分かりやすく解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/25 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.42MB

要約

 多くの企業で導入されている「会計パッケージ」は、会計のみに焦点を当てたものであり、受発注やサービス管理などの作業は別アプリケーションによって処理するのが一般的だ。しかし、そうしたプロセスの分断は二度手間による業務圧迫、オーダーミスやエラー発生の要因となり、サービスの品質や顧客満足度を低下させてしまう。

 そこで、こういった「限界」のある会計パッケージから、クラウドERPへの移行に踏み切る企業が増えている。サービス、在庫・受注管理、Eコマースなどの全てが1つの製品で管理できるため、ビジネスプロセスや部門を横断する作業が効率化される。さらに、ビジネスの進捗やパフォーマンスをリアルタイムで閲覧できるダッシュボードにより、意思決定やプロセス実行も迅速化される。

 クラウド型であることからバックアップやアップグレードなどの運用保守の負担がなく、24時間の連続稼働、PCI DSS準拠のセキュリティなどの高品質なサービスも提供される。本資料では、このクラウドERPへの移行が企業にもたらすメリットを、4つのポイントから分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。