IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Tableau Japan株式会社

製品資料

Tableau Japan株式会社

セルフサービスBIプラットフォームを、分析ワークフローから評価すべき理由

セルフサービスBIは、IT部門主導のトップダウンから大きな転換となるだけに、導入を成功させるには考慮すべき要素が多岐にわたる。その要素を整理する上でポイントとなるのが、分析ワークフローとユーザー視点の組み合わせだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/18 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 393KB

要約

 全社的なデータ活用の要となる、セルフサービスBIのプラットフォームをどう選定すべきだろうか。自社組織のユーザーが持つ多様なニーズ、IT部門のビジネス部門やデータアナリストとの連携しやすさなど考慮すべき要素は多岐にわたる。そこで評価の基盤となるのがセルフサービスBIの分析ワークフローだ。

 具体的には、ワークフローのプロセスごとに主要ユーザーの観点で評価する。利用環境のセッティングや管理を担う「ITプロフェッショナル」、データの検証やレポート作成などを担う「コンテンツ制作者」、そして現場のユーザーである「情報利用者」。この3者が、ワークフローの各プロセスにおいて何を重視し、何を検討すべきかを整理することで、組織に適したプラットフォームが見えてくる。

 本資料では、ワークフローの5つのプロセスごとに、どのユーザーが関わり、その視点で何をチェックすべきかを解説している。オンプレミスでもクラウドでも、規模に応じたセキュリティ、ガバナンス、管理性を備えたセルフサービス分析を実現するポイントを、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。