ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Dell Boomi

製品資料

Dell Boomi

EC企業は「EDIのクラウド化」をいつ行うべきか? 注視すべき7つの危険信号

Eコマースにおいて不可欠な存在であるEDI。しかし、その登場から長い年月を経て、今ではEDIが業務効率化の足かせとなるケースも散見されるようになってきた。最新のクラウドインフラとEDIとのギャップを埋めることはできるのか。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 573KB

要約

 商取引を完全電子化、ネットワーク化するEコマースにおいて、不可欠な存在が電子データ交換(EDI)システムだ。現在も世界中の多くの組織間取引ではEDIが利用されており、それ以前の紙ベースの商取引と比較すると、劇的なコスト削減と効率化を実現している。

 しかし、EDIの登場から既に長い年月が経過している。旧式となったEDIは、現在のクラウド中心のビジネスシーンへの対応が難しくなってしまった。また、重要なトランザクションやデータを取り扱うにもかかわらず、最新インフラの中でEDIは孤立しており、管理運用の困難さもあり、ビジネスを停滞させる一因ともなっているのが現状だ。

 本コンテンツは、レガシー化したEDIが抱えるさまざまな問題を浮き彫りにして、それらの課題を克服するために組織がとるべき策を提案するドキュメントだ。EDIをモダン化し、既存インフラと融合させるための、統合サービスとしてのクラウドベースのプラットフォーム(iPaaS)の必要性、それがもたらすビジネス推進のためのさまざまなメリットが理解できる内容となっている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。