IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

クワンティ株式会社

レポート

クワンティ株式会社

Linuxサーバ/インターネットサーバ:セキュリティホール対策

セキュリティ維持に必要不可欠な脆弱性対策、統合運用管理ツールやクラスタリングと連携出来るLinuxシステム向けの画期的なパッチ自動適用ツールでTCO削減と安全性向上を両立する。

コンテンツ情報

公開日 2006/09/19 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 140KB

要約

信頼性が高く多様なインターネットサービスの提供に用いられるLinuxOS。しかし、その運用には高度かつ最新のセキュリティーの確保が要求される。インターネットの不正アクセスや情報漏洩、改ざんなどの障害・事故原因のほとんどはOSの既知の脆弱性を突く攻撃である。また、加えて昨今Webアプリケーションの脆弱性を突く攻撃が急増している。OSやWebアプリの脆弱性への攻撃はファイヤウォールや侵入検知システム、そして統合脅威管理などの防御機能を無効に(回避)し、最も容易くサーバーへの不正侵入を可能とする手法である。この問題への対処はOSの脆弱性対策パッチやWebアプリの修正プログラムの迅速なパッチ適用であるが、いままで有効と言えるツールが乏しく技術者の作業に頼っていたのが実情である。今回唯一これらの問題を解決するLinuxシステム向けパッチ自動適用ツールを現状の問題を交えツールの有効性を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。