ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Tableau Japan株式会社

製品資料

Tableau Japan株式会社

ユーザーの積極活用とガバナンスを両立する、セルフサービスBI選びの秘訣とは?

BI市場での競争が激化し、またビジュアル分析など高度な分析ニーズの高まりもあり、自社に最適かつ長く使えるツールを選ぶのは困難になっている。特に最新のセルフサービスBI導入において、検討すべきポイントとは何だろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 355KB

要約

 分析ニーズの高まりを受け、BI市場は百花繚乱の様相を呈している。しかしデータ/インフラが多様化しBIに求められる機能も高度化する中、自社に最適かつ長く使えるツールを選ぶのは容易ではない。特に最新のセルフサービスBI導入においては、従来のBIとは異なるさまざまな要件について検討する必要がある。

 例えば、LinuxまたはWindows、オンプレミスまたはクラウド、あるいは埋め込み型など、導入先を柔軟に選択できることは必須になってくるだろう。またアジャイル性を推進しつつ、ガバナンスと両立することも欠かせない。何よりユーザーの積極的な活用を促すためには、ビジュアル分析、Oracle DatabaseやSQLデータベースへの容易な接続、RやPythonとの連携などを、専門知識やコーディングなしで実現できることが望ましい。

 本コンテンツでは、そうしたセルフサービスBIの要件を紹介するとともに、それらの条件をクリアしたプラットフォームを紹介する。このプラットフォームは、67種類以上のネイティブデータソース接続が可能で、ユーザーに意識させずにデータアクセスとパーミッションなどを一元管理できる。15万人以上が参加するコミュニティーフォーラムをはじめ、充実のサポートも魅力だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。