ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本オラクル株式会社

レポート

日本オラクル株式会社

クラウドサービス市場で存在感を増す“第三勢力” 強みはアプリケーションにあり

クラウドサービス市場では各ベンダーが自社の強みを生かし、勝負をかけている。中でもこれまでと違うアプローチでサービスを拡充し存在感を増しているのが“第三の勢力”だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/18 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 299KB

要約

 クラウドサービス市場では「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」が優勢だ。しかしこれらのベンダーが市場を独占しているわけではない。クラウドサービスを改良しながら大規模クラウドベンダーに追い付こうとしているのが、第三の勢力ともいえるOracleとIBMだ。長くビジネスを続けてきた両社には、大量のレガシーシステムを抱える企業が興味を示している。

 新しくクラウド世代の企業をひき付けるために、OracleとIBMはそれぞれの強みで勝負をかける。例えばOracleはデータベース管理システムやCRM(顧客関係管理)など自社の既存アプリケーションの移行、強化を進めつつ、IaaS(Infrastructure as a Service)に着手した。IBMは充実したサポートとAI(人工知能)サービス「Watson」によって台頭しつつある。

 本稿ではクラウドサービス市場に進出するOracleとIBMの強みと、その課題について解説する。複数のクラウドサービスの間で導入を迷っている企業は参考にしてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。