IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

日本オラクル株式会社

レポート

日本オラクル株式会社

30時間の処理が21分に! 実環境で検証された高速マシンによる基幹業務の速度アップ

高性能マシンは業務処理をどれだけ高速化できるのか。日本オラクルが提案する次世代システムは、これまで30時間かかっていた店舗別・商品別の売上動向検索の処理を21分に短縮した。実環境における具体的な事例を取り上げ、次世代システムの技術を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2011/01/14 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.21MB

要約

 業務処理を遅らせる要因はシステムのパフォーマンス――このような企業は多い。業務アプリケーションのバッチ処理などに時間がかかり、リアルタイムで情報を得られない、月末はさまざまな処理が重なり、大量データを処理できない。このような悩みは多くの企業で共通だ。

 システムを高速化することでこのようなパフォーマンスに関する悩みは解決する。このホワイトペーパーでは基幹業務の処理を速度アップする日本オラクルの最新システムを紹介する。1つはデータウェアハウスやビジネスインテリジェンスをはじめ、オンライントランザクション、バッチ処理をも高速化する「Oracle Exadata」。

 もう1つはSun SPARC Enterpriseサーバを中心に構成する「Oracle's Optimized Solutions」。ハイパフォーマンスとノン・ストップオペレーションを両立したシステムを、低リスクで短期に導入できることが特徴だ。最新システムを使うことで、これまで30時間かかっていた店舗別・商品別の売上動向検索の処理を21分に短縮できたという。技術的背景を分かりやすく解説しよう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。