ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社 TFF

技術文書

株式会社 TFF

データセンターの光ファイバー高速化 厳しい損失バジェット要求への対処法は?

光ファイバーは今後も高速化が進み、データセンターでは伝送速度が400Gbpsのものが普及すると見込まれている。そこで課題となるのが、損失バジェット性能をどう守るかだ。今回は、光ファイバー技術の特性と運用方法を基礎から解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/04 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 57ページ ファイルサイズ 3.71MB

要約

 光ファイバーは、高速かつ安定した品質が求められる拠点間通信といったビジネスシーンはもちろん、家庭用のインターネット回線に至るまで、その利用が浸透している。今後光ファイバーは400Gbpsへと、さらなる高速化が見込まれ、データセンターでの普及が始まるだろう。

 高速化が進むほど、光ファイバーに求められる「損失バジェット」は厳しさを増す。わずかな光信号の損失、あるいは過多が、通信品質と通信速度に大きく影響する光ファイバーでは、厳密な基準値の設定と、その基準値の範囲内で光信号を伝送することが重要だ。また、「光」を用いているため、光ファイバーの端面にあるわずかな汚れや傷も、通信に影響する。

 本コンテンツでは、高速化する光ファイバーの配線を最適化し、その能力を最大限引き出すためにどのような保守・評価が必要かを紹介する。光ファイバーの沿革や、データ伝送の仕組み、最新規格化動向も併せ、光ファイバーという技術そのものの特性や運用ポイントを包括的に理解してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。