IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

ジュニパーネットワークス株式会社

事例

ジュニパーネットワークス株式会社

東工大の最先端ネットワーク 構築成功の決め手は「スイッチの仮想化」

「世界最高の理工系大学」を目指す東京工業大学。その最先端の広帯域キャンパスネットワークには、高速性や高度の運用管理性を求めていた。こうした厳しい要件を満たすため、同大学が採った構築手法とは?

コンテンツ情報

公開日 2010/12/20 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 437KB

要約

 東京工業大学(東工大)が各キャンパスでの研究・教育活動を支援する基盤として構築したキャンパスネットワーク「Titanet」は、エッジスイッチの老朽化による障害や採用したネットワーク技術の陳腐化などで、ネットワークの刷新が急務となっていた。

 そこで同大学は、第3世代となるキャンパスネットワーク「Titanet3」の構築を決定。1万3000人の学生、職員、外部研究者などが利用する最先端インフラとして、その重要な構成要素となるスイッチには、10Gbpsの広帯域に加え、特に冗長性と管理運用性の高さが要求されていた。そして、パフォーマンスの実地検証を経て採用したのが、ジュニパーネットワークスの「EX4200/8200シリーズ」である。トポロジのシンプル化や、複数のスイッチを論理的に1台のスイッチとして利用可能にする「仮想化」が構築上の決め手となった。

 本ホワイトペーパーは、東工大における次世代キャンパスネットワークの構築事例を紹介する。EXシリーズに搭載された独自の「バーチャルシャーシ技術」を同大学が運用管理性や可用性の向上にどのように役立てたか、ネットワーク構築手法として参考になるはずだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。