ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

Windows Serverサポート終了の前に知っておきたい、クラウド移行の選択肢は?

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了に備え、この機会にとクラウド化を考える企業が増えている。移行先の検討事項であるコストパフォーマンスに重点を置き、3つの主なクラウドサービスを比較する。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/29 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 40ページ ファイルサイズ 2.82MB

要約

 Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了が2020年初頭に迫っており、最新OSへの移行が多くの企業で喫緊の課題となっている。またそれと同時に、データ分析基盤としてのデータベースのクラウド移行についても、検討する企業が増えている。

 移行先の選定に当たって気になるのが、クラウド基盤のコストパフォーマンスだろう。検討する際は、Windows仮想マシンやファイルサーバの利用料金はもちろん、既存ライセンスが活用できるか、料金体系は従量課金制か定額制か、DBオプションの無償利用があるかといった点でもTCOは変わってくるため、詳しく確認したいところだ。

 本コンテンツでは、Oracle CloudとAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの3つについて、コストパフォーマンス面に重点を置きながら、事例を交えてさまざまな点から比較。特にストレージやネットワークの料金では、他社に比べ最大で97%も低価格だというサービスはどれだったのか、確かめてみてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。