ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

富士通コンポーネント株式会社

製品資料

富士通コンポーネント株式会社

運用・監視システムの、人に優しくない作業環境や人員不足を改善する方法は?

運用・監視システムは、オペレーターの近くに複数台のPCを設置していることが多い。しかし、高性能PCの排熱や動作音によって、オペレーターの作業環境は悪化しがちだ。こうした環境の改善や作業効率の向上につながる策はないだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/25 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 642KB

要約

 交通管制や鉄道の運行監視、通信キャリアの回線管理など、インフラシステムの管理運用は、多業種にわたり必要とされている業務だ。しかし、そのオペレーターの作業環境は快適とは言い難い場合が多い。

 例えば、運用・監視システムは、オペレーターの近くに機能の異なるPCが複数台設置されていることが多いが、PCの高度化によって各PCの排熱や動作音が増加し、人間にとっては居づらい環境になりがちだ。

 また、機能追加によってPCの台数が増加しても人員は増員されず、慢性的な人員不足になっているところも多いだろう。

 この課題を解決する発想の1つを、本資料で紹介する。運用・監視を担うオペレーターの業務効率化を生む策は、思わぬところにあるかもしれない。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。