ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

製品資料

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

仮想化環境のクラウド移行は必要? 不要? 初心者でも分かる8つの判断基準

オンプレミスの仮想化環境が抱える課題の解決策として、クラウド移行が進んでいる。しかし、本当にクラウド移行が最善策となるのか、判断に迷うケースもあるだろう。そんな企業のためにクラウド移行の基礎知識や判断材料をまとめた。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/24 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 472KB

要約

 現在、オンプレミスで仮想化環境を運用する企業は多くの問題に直面している。想定外に高くなってしまった運用コスト、ハードウェアの保守期限切れ、未活用の余剰リソース、担当者の退職などはいずれも解決が難しく、目前にはWindows Server 2008のサポート終了というさらに大きな問題も迫ってきている。

 「仮想化環境のクラウド移行」は、これらの課題を一気に解消するための有力な方法となるが、全てのケースで最適な選択肢となるわけではない。そこで、自社にとって、クラウド移行が必要かどうかを見極めるためにも、現在の運用が抱える「負担」や「リスク」を洗い出すことが重要となる。

 それでは、具体的にどんなケースでクラウド移行が最適解となるのだろうか。本資料では、仮想化環境のクラウド移行に関する基礎解説とともに、移行が必要かどうかを判断するための「8つのチェックリスト」を用意。さらに、現行システムに手を加えずに、VMware環境をクラウド移行するための方法も具体的に解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。