IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

レッドハット株式会社

レポート

レッドハット株式会社

Linux標準のオープンソースハイパーバイザ「KVM」。注目のベンチマークを公開

Red Hat Enterprise Linuxのカーネルに組み込まれている仮想化機能KVM。物理サーバと変わらないそのパフォーマンスを第三者機関である日本仮想化技術が検証。注目のベンチマーク結果がここに。

コンテンツ情報

公開日 2010/12/15 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 528KB

要約

 企業の仮想化導入は第1フェーズを終え、仮想化されたシステムをさらに拡張するフェーズへと移行しつつあります。さらに、プロバイダーやネットワーク事業者による大規模なクラウドサービスが続々登場している今、コスト削減やベンダ-ロックイン回避を目的にオープンソースの仮想化技術が注目されています。

 オープンソースであり、Linuxのカーネルに組み込まれているKVMはNTTコミュニケーションズのクラウド基盤に採用され、すでにサービスを開始。さらにVMWareやHyper-Vなどとの混在環境にも対応できることで企業の現実的な選択肢として注目が高まっています。

 このコンテンツでは、日本仮想化技術株式会社によるベンチマークをもとにKVMのパフォーマンスを検証。さらに仮想化ソリューションを選択する際のポイントやアプローチを紹介し、システム担当者必見の内容となっています。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。