IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社DC ASIA

製品資料

株式会社DC ASIA

IT部門が次に着手すべきITインフラ最適化への残されたピースとは?

多くの企業がクラウド&オンプレミスのハイブリッドITインフラ環境を利用する中、その運用管理は複雑化している。そこで、業務負荷を削減しつつ運用コスト削減の推進や事業リスクを最小化する手段として再度注目されているのがDCIMツールだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/11 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 527KB

要約

 クラウド時代といわれる現在でも、多くの企業でオンプレミスの物理インフラが併用されており、ITインフラの多様化・複雑化が進んでいる。その運用管理はExcelで行われるなど、旧態依然とした課題も目立ち、ホットスポット放置による障害発生リスクの増大、ゾンビサーバなどによる設備コストの増加なども大きな問題となっている。

 その一方で、運用管理の効率化や設備コストの削減への要求は強まっており、さまざまなインフラ・IT資産を包括管理し、効率的な設備運用と運用リスクの削減が求められている。そこで、こうした課題を解決するための手法として、再度注目され始めたのがDCIM(Data Center Infrastructure Management)ツールだ。

 このツールにより、設備の日常監視はもちろんのこと、メンテナンス、機器の追加・更新などの業務においても運用負荷をかけずにスムーズな作業が可能となる。本資料では、「データを守る」、「コストダウン」の二つのテーマに対し、現在の企業ITインフラ環境における運用上の問題点を洗い出し、クラウド、オンプレミス、物理環境、仮想化環境など多岐にわたる情報を一元的に管理し、運用に必要な情報を分かりやすく可視化するDCIMツールについて、その導入効果を解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。