ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社サンブリッジ

事例

株式会社サンブリッジ

ウィルゲートに学ぶSFA×SmartViscaで実現する業務改革のポイント

業務拡張に応じてさまざまなツールを導入した企業で起こるのが、情報分散に起因する弊害だ。それは名刺情報に関しても例外ではない。Salesforceで情報の一元管理を実現したウィルゲートの事例を基に、この課題を解消する方法を探る。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/10 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 631KB

要約

 企業内で導入するツールが業務によって異なると、ツールをまたいだ情報の連携ができない場合、情報管理はもちろん活用も難しくなる。コンテンツマーケティングの成長とともに会社の業績も急成長しはじめたウィルゲートでは、現場にCRMをはじめとするさまざまなツールを導入していたが、業務に必要な情報が各種ツールごとに管理されていたことにより、業務効率化の推進ことが急務となっていた。

 そこには名刺管理も含まれており、せっかくの名刺情報を業務にうまく役立てられていなかった。そこで、分散する顧客情報を一元管理するため、それまでにも導入していたSalesforceの利用方法を一新。デジタル化した名刺情報をSalesforceへダイレクトに取り込める名刺管理サービスである「SmartVisca」を新規採用し、情報の効率的な管理を目指した。

 同サービスでは名刺情報をSalesforceのオブジェクトに直接入力でき、取引先リストへのコピーといった操作も簡単に行えるため、以前、使っていたツールで発生していた二度手間と余計な作業時間もなくなったという。本コンテンツでは、同社の取り組みからSalesforceでの情報の一元管理を実現するためのポイントを探る。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。