ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ニュータニックス・ジャパン合同会社

レポート

ニュータニックス・ジャパン合同会社

ハイブリッドクラウド導入率は最下位、グローバルIT調査で知る日本企業の課題

ハイブリッドクラウドを理想のITモデルと考えていても、導入/活用を実践できている企業は多くない。20カ国/地域を対象にしたITインフラに関する調査から、日本企業が世界に後れを取っている理由と、将来に向けた導入計画のヒントを探る。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/07 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 24ページ ファイルサイズ 4.55MB

要約

 世界20カ国/地域のIT意思決定者2300人を対象に行われた調査によると、日本のハイブリッドクラウド導入率はわずか10%と、世界で最も低いことが明らかになった。またワークロードの実行場所においても、世界では2年以内に半数以上がクラウド移行を検討しているが、日本では38%といまだ保守的な姿勢がうかがえる。

 日本企業の80%以上が、モビリティと柔軟性、運用管理の容易なハイブリッドクラウドを理想的なITモデルだと答える一方で、導入や活用が進まない要因は何か。その1つには、他国はパフォーマンスを懸念するが、日本では採算性がより重視されることが挙げられる。そのため、現在のIT環境に不満を抱えている状況にあっても、TCO増大を懸念して予算をかけられない、という面があるという。

 このような現状だが、2025年までに政府主導でITインフラの更新を促している日本では、どのようにシステムの刷新を進めていけばいいのだろうか。本コンテンツでは、アプリケーション戦略や、IT/テクノロジーの活用、不足しているスキルなど、さまざまな観点から日本と世界企業におけるITインフラの現状を比較しつつ、将来に向けた導入計画のヒントを探っていく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。