ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

事例

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

拠点間通信はビジネスの“生命線”、4つの事例に学ぶ改善の秘訣とは?

企業にとって、拠点同士をつなぐ高品質で安定した通信はビジネスの生命線となり得る。パフォーマンスやセキュリティ、コストなど、それぞれに異なる課題を抱えていた4つの事例から、拠点間通信を改善する秘訣を探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/21 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 4.27MB

要約

 企業にとって、拠点同士をつなぐ高品質で安定した通信は、ビジネスの生命線といえる。事実、自動車パーツを製造するB2B企業であるワーク社では、拠点への連絡、製造現場との在庫/納期確認、量販店からの受注など、あらゆる業務をネットワーク上で行っており、「通信断=ビジネス停止」となりうる状況になっていた。

 そんな重要な基幹ネットワークに、従来同社は、通信キャリア系のインターネットVPNサービスを使用していた。しかし、拠点間の遅延が大きく、通信速度は10Mbpsにも満たなかったという。またVoIPを使う内線電話も不安定で、通話が途切れがちという問題もあり、保守契約が切れるタイミングで、基幹ネットワークの全面切り替えに踏み切った。

 選択したのは、低コストながら、IPv6閉域通信網による高速かつ安定したネットワーク環境を実現するサービスだ。特定拠点のみダイレクトIPoEを利用することで、「CADデータの参照がLAN並みに高速になった」という声もあるほど速度向上を実感し、内線品質も改善されたという。本コンテンツではこのほか、メーカーや学校法人、協同組合の事例を取り上げ、セキュアな拠点間通信の実現法を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。