ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Tableau Japan株式会社

レポート

Tableau Japan株式会社

データ主導の意思決定のために、IT部門が受け入れるべき「3つの発想転換」

データ量の急増、クラウドからのデータ統合、セルフサービス型データ分析の普及などにより、データ活用は困難になるばかりだ。この環境下でデータに基づく意思決定を実現するには、IT部門に「3つの発想転換」が求められるという。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/21 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 412KB

要約

 企業とデータの関係は、クラウド上のデータによりますます複雑化している。日々生成されるデータ量の急増、クラウドアプリケーションからのデータ統合、セルフサービス型データ分析の普及などの変化に応じた最新のデータ環境を実現するには、3つの大きな発想転換が必要だ。

 その1つは、データをバケツのような蓄積ではなく、「パイプライン」という流れで考えることだ。以前のようにDWHにまとめられたデータを利用するのでなく、NoSQLシステムやHadoopなどの多様なデータ格納先に、目的に応じて自由にアクセスできることが求められる。IT部門は、データを堅牢(けんろう)な場所に閉じ込めるのでなく、データを動かす方が重要だという考え方を受け入れる必要がある。

 この他にも、ニーズベースのデータ配置、IT部門のデータ指導者への変化といった点も重要となる。本資料では、このような発想転換のポイントを解説。IT部門とビジネスユーザーの関係を再定義し、データドリブンな企業へと進化する道筋を明らかにする。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。