ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

クラウディアン株式会社

製品資料

クラウディアン株式会社

過去40年分のメディアデータ検索を高速に、注目されるアクティブアーカイブとは

映像コンテンツのデジタル化・高解像度化が進み、検索性の高いアーカイブへのニーズが急速に高まっている。だが、ローカルやクラウドのストレージではコストやセキュリティに課題が残る。そこで注目され始めたのが「第三の選択肢」だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 2.31MB

要約

 コンテンツのデジタル化で映像制作のコストが下がる一方、高解像度化が進んだことで、ストレージにおけるデータ容量は毎年50%以上のペースで増え続けている。さらに配信方法の多様化や制作方法の変化も加わり、大容量化と高速なアクセス性を両立した保存方法が模索されている。だが、光ディスクはもちろん、ローカルやクラウドのストレージでも力不足は否めない。

 そこで、新たな選択肢として注目されているのがオブジェクトストレージシステムだ。YouTubeなどの動画配信サービスで使用されている技術で、従来の大容量ディスクより70%も少ないコストでペタバイト級のスケーラビリティを実現できる。さらにメディアには、検索に役立つ情報を自動的にタグ付けするため、アクセス性も大幅に向上する。

 本資料では、このオブジェクトストレージの詳細とともに、米国の人気コメディー番組における導入事例を紹介している。過去40年分という膨大なコンテンツの検索性向上はもちろん、テープ管理や保管スペースの縮小、バックアップのコスト削減など、さまざまなメリットがオブジェクトストレージによってどう実現されたかを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。