ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アステリア株式会社

事例

アステリア株式会社

銀座メガネの店づくり、店舗状況報告をメールから「自作アプリ」へ移行したわけ

多店舗展開をしている企業にとって、店舗単位での精細な状況調査と情報共有は、命綱といえる。紙やメールでは煩雑になりがちなこの業務を一元化し、より良い店づくりにつなげられる「専用アプリ」を、手軽に作成・運用した事例を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/11 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 3.73MB

要約

 コンタクトレンズやメガネ、補聴器などを扱い、多店舗展開する銀座メガネでは、ITを活用した店舗間の情報共有に力を入れ、多くの顧客からの支持を集めていた。店舗品質の継続的な向上のため、状況調査を定期的に行っていたが、メールベースだったため、報告精度にばらつきがあり、データ管理や分析もままならなかった。

 店舗戦略の立案を目的に、同社はオリジナルの店舗状況報告モバイルアプリを作成。報告精度の向上、情報管理の一元化、情報共有の効率化を実現したが、アプリの開発や導入は、大きな負荷もなく、シンプルかつ短期間で行えたという。

 同社が、オリジナルアプリを簡単に作成できた理由とは何だったのか? 本コンテンツを読めば、複数の店舗管理にアプリを導入し、業務をデジタル化するためのハードルがいま、思ったよりも低くなっていることに気付くだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。