ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本オラクル株式会社

レポート

日本オラクル株式会社

IaaS比較は落とし穴ばかり 大手含む12のIaaSベンダーを比較

IaaS(Infrastructure as a Service)ベンダー選びは難しい。復旧性、ハイブリッドクラウドのサポート、データサービスなど、機能を慎重に評価する必要がある。大手含む12のIaaSベンダーの主な特徴をまとめた。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/03 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 451KB

要約

 自社のニーズに合ったIaaSを選ぶことは複雑で難しい。性能や価格がクラウドベンダー間で標準化されていないことがその一因だ。それでもIaaSを選ぶ場合は、さまざまな機能や要素を基に比較し、評価しなければならない。比較する機能や要素には、信頼性、地理的規模、価格、ハイブリッドクラウドをサポートする能力などがある。本コンテンツでは、下記のクラウドについて比較ポイントを紹介する。

 大手ではAmazon Web Services(AWS)、Google(Google Cloud Platform)、IBM(IBM Cloud)、Microsoft(Microsoft Azure)、Oracle(Oracle Cloud Platform)。新興または特定用途向けクラウドの企業では1&1、Alibaba Cloud、CenturyLink、DigitalOcean、Huawei、OVH、Rackspaceを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。