ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

CA Technologies

製品資料

CA Technologies

昭和の経営スタイルから脱却、成長し続ける企業になるための仕組みとは?

昭和では一般的だった戦略・計画と実行が分断した経営スタイルは、今日の市場変化に追い付けない。だが、経営やプロジェクトの計画と実行の整合性を常時検証し、リアルタイムに調整するのも人力では限界がある。その解決策とは?

コンテンツ情報

公開日 2018/11/28 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.4MB

要約

 昭和的な経営を今も引きずっている企業では、中期経営計画や3カ年計画を策定した後、その方針に基づき単年度の計画にブレークダウンし、実行していくスタイルが多く見られる。しかし、市場環境の変化が加速した現在では、立案段階とのズレは無視できないレベルに拡大してしまっている。戦略と実行の整合性を常時検証し、リアルタイムに調整することが必要だ。

 もちろん属人的な手段で検証・分析を行うのでは限界がある。そのために活用されているのが、企業戦略と投資の立案・決定から完遂までをカバーする統合プラットフォームだ。基幹系システムからデータを引き出して、情報系周辺システムで分析する従来の手法と異なり、このシステム単体でデータ収集から分析、意思決定までを担う。

 例えば日産自動車は、この統合プラットフォームによって社内システムの開発環境を改善した。同社の開発要望は年間3000件に及んでいたが、導入後は予算、品質、コスト、時間に関わる情報を一元的に管理し、リアルタイムに共有する環境が生まれたという。同社の意思決定を改善した統合プラットフォームの特長や強みを、本資料で解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。