ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

製品資料

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

国内と海外で変わるネットワーク要件、海外拠点と高速かつ確実に通信するには?

グローバルビジネスにおいて、ネットワークが課題となる企業は多い。国内と比べ、速度や安定性がどうしても劣ってしまう。解決策もあるが、コストや導入・運用の負担など一長一短がある。しかし、近年はより現実的な選択肢が登場した。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/28 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.36MB

要約

 海外の拠点や取引先とスピーディーにやりとりをする上で、ネックとなるのがネットワークだ。国内通信と比べ、どうしてもスピードやデータ転送の確実性に課題が残る。このため「データ通信が何時間たっても終わらない」「Web会議中、何度も音声・映像が途切れてしまう」といった不満の声がよく聞こえてくる。

 もちろん解決策もある。専用線やIP-VPNならネットワークの安定性とデータ転送の高速化を両立できる。ただ、いずれも高コスト負担を強いられるため、本社と重要拠点をつなぐ回線ならともかく、多数の拠点や海外パートナー企業の全てに展開するのは現実的ではない。この他にも、WANアクセラレータや高速データ送信ソフトといった解決策があるが、いずれも一長一短がある。

 そこで、より現実的な選択肢として近年注目されているのが、拠点間の通信の際に送信元/受信元の最寄りPoPを活用し、PoP間での通信を最適化するという手法だ。数倍~10倍以上という高速化に加え、機器やソフトウェア不要という導入・運用の手軽さも注目の理由となっている。ユースケースとともに、その強みを本資料で解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。