ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

Excelからの脱却 クラウド型予算管理・管理会計導入企業3社が本音で語る成功の鍵

予実管理をはじめ、管理会計のデータ分析にExcelを使用する企業は多いが、集計・分析にかかる手間と時間が大きな負担となっている。クラウド型予算管理・管理会計システムOracle PBCSの導入で課題を解決した3社から、その秘訣を聞いた。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/16 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.31MB

要約

 消費行動、社会環境が大きく変化している中、経験や勘に頼らず、データに基づいた意思決定をサポートする基盤が重要だ。しかし戦略的な経営判断の基となる予実管理をはじめ、管理会計のデータ分析についてはExcelを用いた属人的手法が根強く、集計・分析にかかる手間と時間が大きな課題となっている。迅速で的確な経営判断のために「商品・チャネルごとの損益」「店舗・部門単位でのコスト」などの切り口で分析しようにも、膨大な情報収集と集計の作業が必要になることが多い。

 本資料では、クラウド型予算管理・管理会計システムOracle Planning and Budgeting Cloud Service(PBCS)を導入した「多慶屋」「綿半ホームエイド」「はなまる」の3社のキーマンが経理、財務、経営企画のそれぞれの立場で、導入に至るまでの実態、Oracle PBCSを選定した理由、活用している中での効果、さらに今後の経営管理、経営戦略策定などの展望を含め、ユーザーならではの視点で紹介する。

 ぜひ本資料を、予算管理をはじめ、経営指標として重要になる管理会計の実現に役立ててもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。