ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

MapR Technologies株式会社

事例

MapR Technologies株式会社

ビッグデータと併せて活用したいIoTとAI、導入により製造業はどう変化するのか

ビッグデータの登場により製造業は大きく変わった。さらにビッグデータと密接に関わるIoTやAIを活用することで、従来では不可能なデータ活用やコスト削減が可能になっている。製造業の多数のユースケースから、そのポイントを学びたい。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/14 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 792KB

要約

 ビッグデータの登場で大きく変わった業界の1つが、製造業だ。例えば、グローバルにある全ての工場の製造データを比較・分析するというユースケースがある。工場ごとに存在するデータベースから本社にデータを集約し、さまざまな角度からKPI分析をする狙いだ。だが、データ量の膨大さや各工場のDBスキーマの違いなど技術的な課題が立ちはだかる。

 その課題を解決したのがデータレイクの採用だった。データ量への対応において優れたコストパフォーマンスを発揮するだけでなく、Hadoopのスキーマの自由度が高いため、各工場の違いも吸収できる。この新環境によって、余実データや実販売データと併せて自社の真の生産性を把握するといった、今までになくレベルの高いデータ要求にも対応できるようになった。

 こうしたビッグデータの他にも、IoTやAIのユースケースを見ることで、効果的なデータ活用のスタイルが浮き彫りになる。本資料で、ビッグデータの常識をあらためて確認するとともに、多数のユースケースから、IoTやAI、ビッグデータを使いこなすコツを学んでほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。