ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社エニシアス

製品資料

株式会社エニシアス

そろそろ始めたいビッグデータ分析 どこから着手するのがローリスクか?

ビッグデータの分析や活用について、費用面で手が届けば試してみたいと考える企業は多いのではないだろうか。最新サービスの活用によって投資リスクを抑えつつ手軽にビッグデータ分析を試す方法を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/12 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 405KB

要約

 データ分析テクノロジーがより身近になり、長年蓄積してきたデータの活用を考える企業も増えている。しかし実際は、膨大なデータの分析方法や活用イメージが不明瞭なままに取り組んでしまうケースが多い。また、実施効果が分からないままシステムに高額な初期投資をすることに対して躊躇(ちゅうちょ)する企業もあるだろう。

 このような懸念や課題を解決できる基盤といえば、パブリッククラウドである。企業は使ったリソースの分だけ費用を支払えばよい。大手クラウドサービスには、高い技術力やノウハウを持つクラウドインテグレーターがいるので、より効率よくシステム環境を構築できるのだ。

 本資料では、クラウドサービス事業会社の認定パートナー資格を持つ国内クラウドインテグレーターが提供するビッグデータ分析支援サービスを紹介している。このサービス最大の特徴は、急激なトラフィック増大にも難なく対応できるFaaS(Functions as a Service)を業界内でいち早く取り入れ、ノウハウを積んでいる点である。既に国内企業での導入事例もあるという。ビッグデータの分析・活用の活路を見いだしたい人は、ぜひ参考にしていただきたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。