ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

クリックテック・ジャパン株式会社

製品資料

クリックテック・ジャパン株式会社

従来のBIの枠を超える、「組み込み型アナリティクス」に求められる機能とは?

データ主導型意思決定のニーズが増大する中、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、製品にアナリティクス機能を組み込むことが必須事項となりつつある。この競争で優位性を確保するためには、どんな手法を選ぶべきだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/08 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 239KB

要約

 データ主導型意思決定のニーズが増大する中、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、製品にアナリティクス機能を組み込むことが必須事項となりつつある。そして、この市場競争で抜きんでるためには、盛り込むべき機能や組み込みの方法といった点についても十分な検討が必要となる。

 実際、ある調査では、ISVのリーダー企業はそれ以外のISVに比べ、ソフトウェア更新率や平均取引額において10%以上も上回っているという結果も出ている。この差は、ユーザーごとの適切なカスタマイズを行っているかどうか、またレポート作成やダッシュボードといった従来のBI機能だけでなく、より広範な一連の意思決定支援ツールを提供しているかどうか、といった点にあるというのだ。

 では、ユーザーの能力を強化し、差別化を図るためには、ISVは具体的にどんな機能を製品に組み込んでいくべきだろうか。本コンテンツでは、組み込み型アナリティクスの現状を分析しながら、今後求められる機能について紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。