IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

レッドハット株式会社

レポート

レッドハット株式会社

クラウドやマイクロサービスに付き物の複雑性の解消に、Java EEを選ぶべき理由

クラウドやDevOps、マイクロサービスによる開発環境の大きな変化に、ITチームはどう対応すべきだろうか。変化への適応性に優れたJava EEプラットフォームを軸に、アプリケーションのモダナイゼーションを図る方策を探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/10/31 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.08MB

要約

 ソフトウェア開発は、基本要素であるプラットフォーム、プロセス、アーキテクチャの全てで大きな変化に直面している。プラットフォームではクラウドがますます進化し、プロセスではDevOpsやアジャイルの手法が主流となった。アーキテクチャではSOAの方向性がさらに進化し、マイクロサービスが登場した。

 クラウド、DevOps、マイクロサービスという、これらのキーワードには共通するデメリットもある。分散環境による複雑さだ。ITチームがこの変化に対応したいなら、ミドル層のアプリケーションがカギになる。開発や管理のプラットフォームにもなり、従来型とクラウドネイティブの分散アプリケーションの双方にも対応できるからだ。中でも、特に期待されるのがJava EEベースのアプリケーションプラットフォームだ。

 本資料では、Java EEプラットフォームを軸に、アプリケーションのモダナイゼーションを推し進めるための「6つの対応」を解説する。クラウドへの移行や、最適化のための既存リソースの確認などのポイントを抑えることで、企業のデジタルトランスフォーメーションは着実に前進するだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。