ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社エルテックス

製品資料

株式会社エルテックス

VMware環境のクラウド移行、運用管理を変えずにオンプレ資産を最適化するには?

基幹システムのクラウドへの移行が加速する一方で、オンプレミスの基幹システムの仮想環境をさまざまな理由からクラウドに移行できないでいる企業も多い。ここでは、VMware環境をクラウドに移行するときのポイントを事例とともに解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/10/03 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 539KB

要約

 オンプレミスの環境をクラウドに移行するには、「リフト」と「シフト」の2つの方法がある。リフトは、現在動いているものを何もルールを変えずにそのまま動かすようにすること。シフトは、これまでの古い設計を最新のクラウドに合わせたアプリケーション設計に切り替えていくことである。この「リフト」と「シフト」が、クラウドに最適化する場合に重要なポイントとなる。

 一般にクラウドに移行するときの最適解は「リフト&シフト」とされるが、特にVMware環境のアプリケーション資産に対して有効な手段となるのが、何もルールを変えずにそのまま動かす「リフト」である。シフトを行うには、アプリケーションに相当な設計変更が必要になり、多くのリスクを抱え込むことになるからだ。

 本資料では、オンプレミスのVMware環境をクラウドに移行する場合のポイントを詳細に解説するとともに、最適な移行先となるクラウドサービスを紹介する。移行事例も数多く紹介されているので、クラウドへの移行を検討している企業は、参考にしてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。