ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ジュニパーネットワークス株式会社

製品資料

ジュニパーネットワークス株式会社

ハイブリッドクラウドセキュリティの3要素:統一アプローチが必要な理由とは?

ハイブリッドクラウドが普及する一方、導入企業の多くがセキュリティ面での課題に直面している。こうした状況でビジネスを保護するために必要な3つの要素と、それらを統合するアプローチについて紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 798KB

要約

 ハイブリッドクラウドが急速に普及する中、頭を悩ませているのが導入企業のセキュリティ担当者だ。複数クラウド間をアプリケーションやデータが行き交うハイブリッドクラウドでは、マルウェアなどの脅威による危険性が格段に高まる。

 またシャドーITやBYODも増加し、もはや従来のセキュリティ対策ではリスクやコンプライアンスの課題に対処できない状況が生まれている。こうした中でビジネスを保護するためには、リアルタイムの脅威状況に基づくポリシー定義、検知の強化、ポリシー適用の自動化といった3つの要素を統合する、エンドツーエンドのアプローチが欠かせない。

 そして、そのようなアプローチを実践し、ハイブリッドクラウド環境の包括的なセキュリティを実現する上で重要になるのが、次世代ファイアウォール、一元化された管理プラットフォーム、高度なマルウェア対策機能といった技術や製品だ。それらの選び方と自社に効率的に取り入れる最適な方法について、本資料で探っていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。